Release Information

Tatiana Parra/Vardan Ovsepian "Hand In Hand"

2016.04.28 on sale

US直輸入盤/オープン価格
流通品番: NRTI-016
Label: Independent

デュオ表現を刷新する「声」と「ピアノ」。
現代ブラジルが生んだ知性派シンガーの最高峰、タチアナ・パーハと、
いま注目を集めるアルメニア/LAジャズ/21世紀室内楽の真打ちピアニスト、ヴァルダン・オヴセピアンによる、デュオ2作目となる最新スタジオ作品。



タチアナ・パーハは、アカセカ・トリオアントニオ・ロウレイロアレシャンドリ・アンドレス等の南米新潮流アーティストたちに愛され、重要作の数々を飾ってきた「声」の人。30枚を超えるアルバムにゲスト参加し、現代ブラジルにおけるファーストコールのシンガーである。
ヴァルダン・オヴセピアンは、アルメニア出身/LA在住のピアニスト・作編曲家。Fresh Sound New Talentから5枚のリーダーアルバムを発表、当レーベルを代表するアーティストの一人。ブラッド・メルドーピーター・アースキンも賛辞を惜しまず、同郷のティグラン・ハマシアンもリスペクトする存在としてヴァルダンの名前を挙げている。アルメニア、LAジャズシーン、さらにチェンバー・アンサンブル名義の諸作からコンテンポラリー・シーンでも注目を浴びており、日本でも『Jazz The New Chapter』『Progressive Jazz』『Quiet Corner』『TOKYO MOON』など多くのディスクガイド本で取り上げられるなど、ジャンル横断的に話題となっている音楽家である。

そんな二人の歌とピアノによる完全デュオ・アルバムとなった前作『Lighthouse』はロングセラーを記録。2015年11月にはピアノ・フェスティバル<ザ・ピアノエラ>への出演のため来日、多数のオーディエンスに大きなインパクトを与えたことは記憶に新しく、まさに待望の続編リリースとなる。
タチアナの可憐さと芯の強さをあわせもつ歌声、複雑なパッセージも難なくこなす技巧の高さと表現力は他の追随をまったく許さぬもの。現代ジャズシーンのタレントたちなどと比べても、その飛び抜けた資質と魅力は明らか。
ヴァルダンのピアノも単なる歌伴の域を超えた創造性に富み、クラシック~バロック~ジャズの境界を自由に往来。この二人の組み合わせでしか成し得ないデュオ表現を突き詰めている。


◆TRACK LISTING
01. A Planned Chance (Vardan Ovsepian)
02. Anima (Milton Nascimento/Zé Renato)
03. Hand In Hand (Ralph Towner) /Kaqawik (Komitas)
04. Viva Júlia (Tiago Costa)
05. Todo O Sentimento (Chico Buarque/Cristovão Bastos)
06. Choro Meu (Keco Brandão)
07. Quest (Vardan Ovsepian/Cathy Segal-Garcia)
08. Kaamos (Vardan Ovsepian)
09. Filus Treca (Vardan Ovsepian)
10. Olha Maria (Tom Jpbim/Chico Buarque/Vinícius de Moraes)

Anima, Todo O Sentimento, Choro Meu and Olha Maria arranged by Vardan Ovsepian
Hand In Hand/Kaqawik, Viva Júlia arranged by Tatiana Parra and Vardan Ovsepian
Produced by Tatiana Parra and Vardan Ovsepian


◆取扱予定ショップ ※随時追加予定
disk unionで購入する
HMVで購入する
TOWER RECORDSで購入する
reconquistaで購入する