Release Information

yMusic "Ecstatic Science"

2020.2.26 on sale

輸入盤(US)/オープン価格
流通品番: NWAM-135
Label: New Amsterdam


ボン・イヴェールのメンバー兼アレンジャーを中心に結成、
「インディー・クラシック」界を象徴する管弦6人のチェンバー・アンサンブル。
ベン・フォールズアノーニポール・サイモン
様々なアーティストとコラボレーションを展開するグループによる新作。



ベン・フォールズアノーニ(アントニー&ザ・ジョンソンズ)、スフィアン・スティーブンスダーティー・プロジェクターズホセ・ゴンザレスマイ・ブライテスト・ダイアモンド
ジャンルを越えたアーティストたちとのコラボレーションを展開してきたブルックリンの新世代チェンバー・アンサンブル< yMusic>による、最新4thアルバムが完成。
いま熱い注目を浴びるインディー・クラシック・シーン、その象徴的コレクティヴの最新到達点。

新しい音楽、新しいサウンドはいくらでも作り出すことができる――それも管弦6人によるチェンバー・アンサンブルと、作曲家とのコラボレーションという伝統的な手法によって。
ボン・イヴェールのメンバー兼アレンジャーでもあるロブ・ムース(アントニー&ザ・ジョンソンズスフィアン・スティーヴンスのアレンジャーでもある)、CJの二人を中心に、コンテンポラリー・クラシックの作編曲家としての活動からインディー・ロック~ジャズに渡る多彩な演奏経験を持つメンバー揃いのコレクティブ< yMusic>は、本作によって再度そのことを証明してみせた。

1980年代生まれのアメリカ人女性作曲家たちとの共同作業を中心とした本作は、野心的な作風と柔らかなトーンが絶妙な一致をみせる。
ピューリッツアー受賞コンポーザーで、カニエ・ウェストとも度々コラボレーションし(「Say You Will (remix) 」「Wolves」等)、カニエ楽曲にクラシック・コンポジションのテクスチュアを与えていることでも知られるキャロライン・ショウ
メトロポリタン・オペラ(北米最大のクラシック・カンパニー)の歴史において、最初に嘱託された女性作曲家の一人であるミッシー・マゾーリ
サンフランシスコ出身の作曲家ガブリエラ・スミスによるエンディング曲はクライマックスのひとつで、トレモロアームのフィードバックノイズを思わせる甘美でデリケートなイントロから、ミニマル・ミュージックのスリルを現代のバンドサウンド的なドライブ感で展開した至高のトラックだ。

2011年のデビュー作『Beautiful Mechanical』、2014年の2nd『Balance Problems』はともに、タイム・アウト・ニューヨークが選ぶ<クラシック・レコード・オブ・ザ・イヤー>の第一位に選出
また前述の人気アーティストたちとの録音、ツアーでの共演を経て、カーネギーホールでの単独公演もソールドアウトするなど、シーンを象徴するグループとなったyMusic。
ポール・サイモン2018年の傑作『イン・ザ・ブルー・ライト』に
フィーチャー、現役最後のワールドツアーにも参加するなど、今やその活動はメジャー・シーンにも及んでいる。
ここ日本でも、ラティーナ誌2017年3月号の表紙(インディー・クラシック特集号)を飾り、Jazz The New Chapterでも大きく取り上げられるなど、シーン全体としても俄に注目を集めている。


【Tracklisting】
1. Tessellations - Gabriella Smith 
2. Ecstatic Science - Missy Mazzoli 
3. Thous&ths - Paul Wiancko
4. Draft Of A High - Rise - Caroline Shaw
 I. Inked Frame
 II. A Scribbled Veneer
 III. Their Stenciled Breat h
5. Maré - Gabriella Smith

Rob Moose – Violin
Nadia Sirota - Viola
Gabriel Cabezas - Cello
Hideaki Aomori - Clarinets
Alex Sopp - Flute
CJ Camerieri - Trumpet


◆取扱ショップ ※随時追加予定/在庫の有無・入荷日等は各店まで
disk unionで購入する
HMVで購入する
reconquistaで購入する
TOWER RECORDSで購入する